<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
77
先日、父の喜寿のお祝いをしてきました。



若い時からたくさん苦労してきた父ですが、この歳まで健康でいてくれたことに感謝です。

お祝い会の場所は、赤坂の四川飯店。
健啖家の父のために、主催の叔父がチョイスしてくれたお店。
私もここのエビチリ、そして麻婆豆腐。。。大・大・大好き。。。!!
私は唐辛子系の辛いものがそんなに得意では無いんだけど、ここの麻婆豆腐では何杯もご飯がイケる。
舌にシビれる山椒がたまらん。
ヒーハーしながら美食を堪能する私の横で、娘はタンメンをぺろりとたいらげておりました。

そして娘は、中央の円卓が回転することを発見すると驚喜し。
ブロックを乗せて、ぐるぐる回して遊んでおりました。
小さい子あるある。。。ね。



この↑ブロック、娘ともども私も大変気に入り、行きに立ち寄った池袋の西武で買ってしまいました。
ディズニーキャラの木のブロックなんだけど、どのキャラクターもすっごく可愛い!
大人でもコレクションしたくなってしまうな〜。

そして去年娘のために編んだ帽子が、ぴったりになっておりました↓。
鮮やかなピンクなので、どこに居ても目立ちます。



最愛の孫娘の成長とともに、父にはいつまでも元気で過ごしてもらいたいと思います♪
| 21:23 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |
入園式
先日、娘の入園式がありましたチューリップ



桜は散ってしまったけれど、卒園生のお母さまたちが植えてくださった
チューリップが満開チューリップチューリップチューリップでした。



今月中はまだ慣らし期間なので、午前中に降園。
毎日、元気に楽しく通っております。

この園には、3才児教室で週イチのプレに通い、
その前に無料の月イチ2才児教室にも行っていたので、
娘にとってすっかり馴染んだ場所になっていて。
お友達も大半がプレで仲良くなっていた子たちだったので、
すんなり年少さん生活に移行できたようです。

まだ娘が赤ちゃんだったころは、
「プレ幼稚園とか、めんどくさそうだし、行かなくていいや」
などと思ってたのですが。
実際、1〜2才ごろになってみると、毎日の遊ぶ場所もだんだんネタ切れになってきて。
「今日はどこで遊ぼうか・・・」
というのが、毎日の悩みに。
そんな時、試しに申し込んでみたプレのクラスに行き始めてみると、
いろんな楽しい遊びを教えてもらえるし、お友達もだんだんできるし、
とても有り難い場所となったのでした。

思えば私自身は、入園して最初の1、2ヶ月は幼稚園が大嫌いで
登園拒否騒動をおこして大変だったものです。
登園しても、帰る時間までずーーーっと泣いてたのを覚えてます。
母もそうとう、気を揉んだだろうなあ。

かたや夫は、幼稚園大好きだったそうで。
日曜日、登園しないのが不安で、一人で幼稚園まで行っちゃったこともあったとか。
大人の足でも30分くらいかかる距離を、4才児が、歩いて。
すっごい田舎の、畑に囲まれた道だったから危なくなかったものの。
お祖父ちゃんが、居ないことに気づいて方々探しまくっていたら、
「園長先生の机でブロックで遊んでますよ」
と幼稚園から電話が来たとか。
まるで、意味なく休日出勤してしまうサラリーマンのよう。

ともあれ、娘には3年間楽しく元気に過ごしてほしいなあと思っております。
| 12:01 | dayly | comments(2) | trackbacks(0) |
入園準備
早いもので。。。

ほんっっとーーーに早いもので。。。

娘は、今月から幼稚園生になります。


というわけで、そんな時期の定番ですね、幼稚園グッズの袋物。
一通り作りましたよ。
娘の行く幼稚園は、あまり細かい製作物が無かったので助かりました。

こちらは手提げ(大)と手提げ(小)。
(小)のほうは着替えを入れるのでマチ付き。



生地は、だいぶ前に雑貨屋さんで見かけて、特に目的も無いけど可愛いから買っておいたもの。
足りなさそうだったので、同系色の無地生地と切り替えにしてみた。

絵本の世界チックで、可愛い。お気に入りの生地。
(しかし娘は「ボンボンリボンちゃんかプリキアがよかった」と。。。)




上履き入れ。
袋のスミにゴミが溜まるであろうことが予想されるので、底は角じゃなくて丸にしてみました。
ヒモは、子供が自分で締めやすいように1本で、という指定。



内側は、私の端切れ入れから発掘したギンガムチェックの綿ローン。
靴入れなので二重にしてみました。



ママ友さんたちに
「ユーコさんは洋裁や編み物できるから、こういうの作るの楽しいでしょ?」
と言われます。

うん、作るのは好きなんだけど。
“課題”として与えられたモノを作るってなると、おっくうなんだよね。
つい先延ばしにして、自分の作りたいもの優先にしちゃって。

でも、家にミシンが無い、そもそもソーイングセット以上の裁縫道具自体が無い、というママ友さんもかなり居て。
縫い物なんて小学生以来したことが無い、どうしよう・・・
カバンって・・・どうやって作るの・・・?
と、途方に暮れ居てるかたも。
そんなママ友さん数人がうちに来て、がんばってミシンに挑戦して、すてきな袋物を完成させて行ったというのが
ここ数ヶ月の出来事。
楽しかったなー。
自分のを作ることよりも、そういう交流のほうが楽しかった。
学生時代、裁縫の成績なんてどん底だった私が、人様の縫い物のお手伝いをするようになるなんて。
人生ってほんと、想定外。


ママたちが一生懸命作ったバッグと一緒に、子供たちも楽しい園生活が送れますよーに♪

| 00:27 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |
七五三photo@メリークリスマス
娘の七五三写真を撮りに行って参りました。

以前、誕生日の写真をお願いしたことのあるこのスタジオ。
とっても自然で素敵な写真を撮ってくれたことに感動して
七五三もここでお願いしようと決めてたのです。

なかなか予約が取れず。
やっと、クリスマスの日にお願いできました〜。


自ら選んだ、総ピンクの着物に大満足の娘。




お着物の後は、カジュアルでオシャレなお洋服をお借りして。




スタッフさんの手腕により、自然に遊ぶ姿を撮っていただくことができました。
とっても可愛い一軒家風のスタジオなので、娘もとても楽しかった様子。

写真のデータも翌々日には送られてきました。
早業っ!
早速プリント&かわいいアルバムに綴じて、双方の実家にプレゼントいたしました。

また何年後かに、こんな記念写真を撮りに行きたいなあ♪
| 23:06 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |
お買いもの
連休の最終日。
気持ちのいい空でした。

車でちょっと走ったところにある、イオンモールにお出かけしてきました。
ひさしぶりに華やかなショッピングモールに足を踏み入れ、気分が上がる〜♪

お店に入ってあれこれ見るのはとっても楽しいんだけど。
私は、時間をかけて品物を見比べすぎると、わけわからーんとなって結局何も買えなくなるタイプ。
なので、パッと目についたものをお買い上げ。

sevendays sunday で見つけたトートバッグ。



ガバッと大きくて、しっかりした素材が気に入りました。
ロゴは、別カラーでmonからsunまであったんだけど、一番好きなfridayをチョイス。
金曜日って、昔から好き。
もちろん、一番楽しいのは土日祝日なんだけど。
金曜日独特の、「今日が終われば!今日を乗り越えれば!」っていう、夜に向かうに連れわくわくしてくる感じがいい。


あとは、これ。
こういうのも、テラリウムっていうのかな?



ジャーに閉じ込められた秋。ってかんじが気に入って。

たくさん歩いて疲れたけど、楽しいショッピングデイでした。
| 00:54 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |
アーティフィシャルフラワー
大の仲良しの子から、とっても嬉しいプレゼントが届きました。



アーティフィシャルフラワーの、ステキなアレンジ。
(今ドキ、“造花”なんていわないんだね。オシャレな呼称があるのね)

これ、その子の作品なのです。
彼女は、こういったアレンジメントを作るプロなんです。



彼女は今、ご自宅でこういうお花のアレンジを教えるサロンをしているんです。
プリザーブドフラワーも扱うし、お花の他にもクレイやポーセラーツの作品まで手がけていて。
もともとネイルやラッピングなどもとても上手でセンスも抜群だったので
「今度、お花をアレンジする資格を取ろうと思ってる」
という話しを聞いたときも、「すっごく向いてる!」と。納得。で。
あっという間に、ディプロマの資格を取っちゃったのもすごいし、
着々とファンや生徒さんたちを増やしている、その行動力が何よりすごい!

昔から、容姿も性格も、それこそ豪華な花束みたいに華やかな子で。
一緒に旅行したり遊びに行ったりするのが、楽しくて楽しくて。
男女問わずあっという間に人気者になっちゃう屈託の無さとか、
ほんとに私の憧れの子でした。

今は住む所もとても遠く離れてしまったけれど、
こういうふうに時々私のことを思い出してくれて、
心のこもったメッセージと一緒にお花を送ってくれる彼女に
昔より一層、感謝の気持ちが募ります。

うちの殺風景なインテリアも、パッと華やいで嬉しいな。



大事にしようと思います。
| 13:14 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |
西武園ゆうえんち
先日とある朝、窓の外を見たら気持ちよーく晴れていたので。
ちょっと行ってみたいと思っていた西武園ゆうえんちへ行くことにしました。
駅にある西武園の看板を見たところ、どうやら園内には“キティちゃんランド”的な場所があるらしい。
サンリオピューロランドであれだけ盛り上がったのだから、きっと喜ぶだろう、と。

「今日は、キティちゃんランド(←正しくは“メルヘンタウン”です)に行こう」
と告げると、案の定
「ええっっ!?きらきらキティちゃん、いるの!?きらきら
と、顔を輝かせる娘。そして、
「キティちゃんとあくしゅして、マイメロちゃんとお歌する!そうだ!おしゃれしていかなくちゃ!矢印上
と、普段は嫌がる髪の毛二つ結びも率先してやりたがり、どんどん上がる娘のテンション。
ふと一抹の不安を感じ、
「あ、でもピューロランドとは違うよ。ピューロランドよりも全然小さいよ」
と、西武園へ向かう道中もさりげなくネガキャン要素発言を繰り返してみたものの。

西武園に到着して(というか、駅に降り立った時点ですでに)不安的中。

ガラガラ。。。
人の気配、ほぼ無し。。。

肝心の“メルヘンランド”に足を踏み入れて更に、不安は確信に。

“閑散”って、まさにこういう風景のことだよなあ。。。と。
ぽつんぽつんと点在する子供向けアトラクション。
コーヒーカップやミニジェットコースター、小さい機関車など、私たち世代には懐かしいものばかり。
でも、客が居ないためにどれも動いておらず。
晴れ渡った空が、無人感を更に引き立てています。。。



案の定、娘の様子を見ると。
最初はわけがわからないといった感じでぼうっと立ち尽くしておりましたが、
次第に眉間にふかーいシワが。
そしてどんどん「へ」の字になっていく口。
まずい。。。これまずい。。。

気持ちを盛り立たせようと、
「コーヒーカップ、乗ってみようか」
と、明るく声をかけるも。
「のらない」「いかない」
そして、当然のようにこの痛い質問が。
「キティちゃんいないよ?マイメロちゃんとお写真は?」
「。。。あせ今日はキティちゃん、お休みみたいだねえ。。。」
すみません、母の下調べが悪かった。
キャラクターが来るのは土日だけなんだとさ。。。

正直、ピューロランドに行ったときは、ディズニーランドとは比ぶべくもないなと感じました。
が。
このメルヘンタウンにいると、ピューロランドがまるでディズニーランドだったかのように思えてくるのです。。。

顔にありありと失望が浮かんでいる娘でしたが、まだとどめの一言
「かえる」
の三文字は口にしていません。
大丈夫、まだ望みはある。せめて入場料(プラス交通費)のモトくらいは回収して帰らねば。。。!

ぬいぐるみでも持たせれば気分を立て直せるかもしれない、と、お土産ショップへ。
ところがここがまた、近所のモールにあるサンリオショップのほうが遥かに品揃え豊富だろうという、なんとも微妙な感じ。
西武の関係者の方が万が一このブログをご覧になってたら、ケチばかりつけて申し訳ありません。
申し訳ありませんなんだけど、どうにかできるものならぜひどうにかして下さいお願い

ショップを出ると、幸いコーヒーカップに一組の親子連れが乗っていて。
いたー!人いたー!と内心喜ぶ私。
くるくる回るカップに少し心を動かされた様子の娘の手を引いて、いそいそと搭乗。
そして降りるころには、ようやく娘の気分も盛り上がって来た様子でひとまず安堵。

だーれもいない遊園地は妙にもの哀しいけれど、考えようによっては絶好のロケーションです。
広いし危険もないし、思いっきり走り回っても大丈夫だし。



同じ子供向けアトラクションに貸し切り状態で何度も何度も乗って
(そのたびに別のアトラクションから走って来て機械を作動してくれるお兄さんやお姉さんの姿に涙ながら感謝)
ベンチにお弁当を広げてのんびりランチしていると、“きれいな公園”的なこの場も悪くないなあ。と。



娘も、夕方帰るころには
「まだ遊んでるの!」
と言うほど、楽しんだようです。よかった。

帰宅してから改めて西武園のサイトを見てみると、なんと平日は月、金しか開園していないとか。
よ、よかった〜〜、金曜日で。
これで現地行って休園日とかだったら目も当てられない事態になるところだった。
にしてもどんだけ来園者少ないのよ!
ていうか行く前に休園日くらい調べようよ、親として!
| 10:48 | dayly | comments(2) | trackbacks(0) |
sheep
ブログをまったく更新しないうちに、とっくに年も明けていました。

ことしもよろしくおねがいします。。。(小声)



未年ですね。
ひつじは英語でsheep。
1匹でも群れになってもsheep。
carpと同じだね。

昨年、うちは喪中だったのですが、またもや私の父母の年賀状は私が作りました。
消しゴムスタンプで。



白いひつじと黒いひつじ。
父母の名前の一文字を使った落款(もどき)も捺しました。


そしてこちらは、スタバで購入したニューイヤーステンレスボトル。



近所のスタバで見かけて、可愛かったので。
ほんのりパールが入った柔らかいホワイトが好みです。
いつもスタバでは普通のドリップコーヒーを頼むんだけど、このマイボトルにいれてもらうと20円引きになるのが嬉しい。

エンボスの雲。に混ざって、コーヒー豆の雲も。おちゃめ。
(後ろに娘が映り込んでおりますが。。。)




そしてそして。
ご近所の友人がプレゼントしてくれた、とーっても愛らしいひつじのブローチ!
このむくむくな羊毛が、絶妙な質感ですね〜!



ハンドメイドのお店をしているお友達の手作りなんだとか。
ネイビーのピーコートの襟元にちょこっとつけたら、きっと可愛い。


たくさんのひつじに囲まれて迎えた新年なのでした。
| 14:12 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |
Herb wreath
近所にあるハーブ庭園に散歩に行ったときに。

庭園内で、ハーブを販売している温室に入ったら、とてもすてきなリースを見つけてしまった。

季節の装飾に乏しい我が家にも、クリスマス気分を呼び込んでみようかと思い、買ってみました。



オアシスで作られている、ハーブのリース。
ラベンダー、ローズマリー、ローリエ、ミントなどがたくさん使われていて、とってもいい香り。
丈夫なハーブはオアシスに根を張っちゃうので、水をやりながら1ヶ月くらい楽しめるんだって。

赤い実がアクセントになって、きれい。






こちらは、松ぼっくりなどで作られた素朴なリース。



赤いリボンとかかけたらもっと雰囲気出るかな。

友人が、とっても素敵なクリスマスカードを送ってくれたので、それも飾ったよ。



うむ。
クリスマスツリーも、ほしいな。来年は。丈が低めのね。
| 14:18 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |
サンリオピューロランド
いったいどこから仕入れた知識なのか。

少し前より、娘がふとしたときに

「キティちゃんはねえ、ぴーるらんどにいるんだよ」

などと言うようになり。

どうも、“ぴーるらんど”=“ピューロランド”らしい、とは分かったのですが、次第に

「ぴーるらんどはね、キティちゃんがうろうろしてるんだよ」
「マイメロちゃんがね、ひとりでおどってうたうんだよ」
「ききちゃんがみずいろでー、ららちゃんがピンクなんだよ」
(ほんと、誰に聞いたんだ?)

といった具合に、時にはジェスチャー交えて話しが詳細な部分にまで及んでゆき、ついには

「いってみたいなあ、ぴーるらんど」

と、どストレートな要求が出て来たので。

行ってきました。サンリオピューロランド。

意外と楽しかった。
平日でとっても空いてたし、母子2人でのんびり回るにはちょうどいい感じ。

キャラクターが一緒に写真を撮ってくれます。
着ぐるみを凝視して、いっこうにカメラ目線にならない娘。



キキララと、なにやら一所懸命会話してました。




マイメロちゃん主演のミュージカル。
30分の舞台ということで、娘は途中で飽きるかな?と思ってたけど、
ソファ席にどっかり座って最後まで観劇してました。
マイメロちゃんに手を振ったり、歌で手拍子したりと、楽しかった様子。




自由に歩き回れる“レディ・キティちゃんのお部屋”。
ドレス型のシャンデリアが乙女〜。



巨大なティーカップにぶら下がったり。



スイートなベッド。




マイメロちゃんのカーアトラクションに乗ってみたり。



マイメロちゃん、意外とカントリーガールだったのね。






マイメロちゃんのゲームアトラクション。
当然ながら、まったくゲームはできないので、キャラクターの大きい人形の間を歩き回って遊ぶ。




一番大掛かりであろう、ボートに乗ってサンリオの世界をめぐるアトラクション。
がらがらだったので、休憩がわりに4、5回ライド。

シナモンちゃんのコーナーでは、シナモンの香りが漂ってきます。



なつかしのキャラクターがいっぱい!
けろっぴ!量産されててちょっとコワい!



頭上にゴロピカドン!



ハンギョドン!(だっけ!?)
けっこう、シュールなキャラクターが多かったのねえ。。。




最後は、パレード的なものを見て締め。

ここでもマイメロちゃん。



退場して見えなくなるまで、娘はキティちゃんに手を振ってました。



屋内型テーマパークなので、音がうるさかったりしたらイヤだなあと思ってたんだけど
普通に会話できるくらい静かめで空調もちょうどよく、快適でした。
なかなか楽しかった。
娘もずーっといろんな人に“ぴーるらんど”の思い出話を触れ回っております。
いつかはディズニーに行きたいなあ。
| 00:00 | dayly | comments(2) | trackbacks(0) |