<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ロックガーデン造り
まったく手つかずで放置していた庭の片隅。

今までは、不要になった土を放り投げて積んでおくだけの
「土の墓場」となっていました。




そんな土に、適当に埋め込んだだけでけなげに美しい花を咲かせてくれたスイセンたちを見て。

「もっとちゃんとした場所で咲かせてやらねば。。。」

と、思い。



花が終わったスイセンたちを全員植木鉢に避難させてから、作業開始です。

積まれた古土を移動

砂利を退け、防草シートをはがす

移動した土に、堆肥、赤土玉、肥料などを混ぜて土を再生させる

。。。この辺で、1日目は力尽きました。


後日、天気のいい日。
通称“ぐり石”を、配置していきます。

土の盛り方に高低差をつけながら、あーでもないこーでもないと試行錯誤。
石を配置するって難しい。

完成系がこちら。じゃんっ。




壁際に置いた大谷石は、私の庭仕事の師匠でもあるママ友さんが
お家を直した際に不要になったから、と分けて下さいました。なんと有り難いこと!




そして、苗を順々に植え付けていきます。
一番楽しい作業♪



ロックガーデンって

「ごつい岩石の合間に、きゃしゃな山野草が生えてる」

というイメージがあったので、ブルーが涼し気でシュッとしたデルフィニウムを頂点に植えてみた。


あとは、とりあえず一年草も宿根草も関係なく、あまり考えず。
好みの苗を配置。

あっという間に広がりそうなフレンチラベンダーは、
割れた植木鉢を埋め込んで多少の防波堤にしてみた。



鉢に植えたのは、エニシダ。
80円くらいで投げ売りされてたので!
黄色い花がもこもこっと咲く株に育てばラッキー。



目が洗われるようなバーベナの白。
かわいいカンパニュラは、やわらかい白。



どの株がちゃんと根付くかな。
楽しみ楽しみ♪
| 18:08 | dayly | comments(0) | - |
初心者のガーデニング

2年前に引越をした際、うっかり庭に作ってしまった花壇。

「花壇、作ってもらったけど・・・
 私、今まで花とかちゃんと育てられたことなかったよなあ・・・」

と思い、約半年間、放置。
さすがに、「剥き出しの土スペースってわけにも・・・」と思い、秋に球根を埋えてみるものの。

見てください、この“とりあえず”感満載の花壇。
チューリップ、スイセン、ムスカリ、ハナニラ、が咲いてるんですが。。。



「あんなに植えたのに、こんなさびしいのはなぜ!?」状態。
そう、すごくたくさん植えたつもりでいたんですよ、球根。
でもぜーんぜん、スカスカ!

こちらは5月ごろ。
球根を太らせるために、花が終わっても葉が枯れるまで光合成させないといけないと知ったので。
葉っぱだけになったチューリップたちを隠すために、やっぱり“とりあえず”植えたノースポール。
と、中途半端感を隠すために手前に並べた、ペチュニアたち。



この後はノースポールが大繁茂し、隅っこに植えたミニトマトがジャングルになり、
夏の間、それはそれはカオスな花壇(もはや花壇とは呼べない)でございました。


というわけで。

チューリップとスイセンの葉が枯れ、球根を掘り上げた後。
ついに本腰を入れて花壇作りを開始。
後方に丈の高い宿根草(というジャンルの植物の存在を知ったのもこの時期)。
手前にグラウンドカバーになるクリーピング系のリーフと一年草。
そして端には、バラ!

 

本やネットでいろいろ調べて書いた設計図がこちら。

 

夏の終わりに植え付けた宿根草やシルバーリーフが根付いたころに、

一年草のパンジーやネメシア、グラウンドカバーのリキマシアやベロニカ、ワイルドストロベリーを植え、

その合間に所狭しとばらまいた球根約50球。


 

無事越冬して、2月にはスノードロップ、3月にはクロッカス(黄)→クロッカス(紫)が

リレーするように咲きました。

 

 

 

現在はムスカリ→チューリップに、開花のバトンがつながれてます。

チューリップの花後、後ろのジギタリスやエキナセアががんばって茂ってくれて

黄色く枯れていく球根たちの葉をカムフラージュしてくれることを期待。


 

堀り上げず、植えっぱなしにしといたムスカリがわっさわっさ!

去年はちょんぼりとしか咲かなかったのに。

花壇は1年にしてならず、だなあ。

 

すみっこの方で、ティアレラとツルバキアも地味にがんばってます。

 

 

 

門柱の後ろ側、3月中はクリスマスローズがたくさん咲いてくれてました。

実家から持って来た株で、よく根付いてくれたけど

白い方は花茎が短かったのね。なんでかな。

 

 

 

寄せ植えも、もっさりと開花中。

初心者にも扱いやすいパンジー&ビオラはテッパン。

10日に一回くらい、栄養剤のハイポネクスをあげてます。

 

 

 

こちらは真ん中に原種チューリップを植えてたんでした。

忘れたころに開花。

花色が、パンジー、ビオラと同系色だったからあまり目立たず。

来年は配色を考えよう。

 

 

 

シロタエギクを中心にした寄せ植え。

娘曰く、「おじさんの顔がいっぱいこっちを見てる〜」

 

 

 

花いっぱいになったのはいいんだけど、ちょっと統一感が無い印象になっちゃった。

来春はまた再考しましょう。

 

| 14:21 | dayly | comments(0) | - |
レニングラード国立バレエ 白鳥の湖

先月、娘とバレエを観に行ってきました。
レニングラード国立バレエ団の「白鳥の湖」です。

場所は、練馬文化センター。
子どものころから慣れ親しんだ、会場です。
小学校、中学、高校、と、「音楽会といえばここ!」みたいな場所。
ガールスカウトの催し物でもよく訪れました。
当時住んでいた光が丘から、自転車で(笑)
周辺が随分きれいになったけど、今でも訪れるとほっとする場所です。

話しが逸れました。そう、白鳥!
前の年に観に行った「くるみ割り人形」と比べると、上演時間がものすごい長いから
娘、大丈夫かな?と思ってましたが。
全然問題無しでした。
家でDVDで観た時は、4羽の白鳥の踊りだけ観てすぐ飽きちゃった娘でしたが
やっぱり生の舞台は全然違う。
全幕、ずーっと引き込まれるように鑑賞しました。

今度の4月にある娘のバレエ教室の発表会がちょうど「白鳥」というのもあり。
自分が踊る「チャールダッシュ」(もちろん、先生が子ども向けにアレンジしてくれたもの)なんか
特に喜んで観てましたよ。

舞台の見せ場である、白鳥の群舞には終始圧倒されました。
もう、鳥肌ブワーー!って感じです。
ロットバルトは京劇風のメイクでかっこ良かった。

楽しかった舞台の記念に。
オデットとオディールを落書き。
可憐なオデットに、妖艶なオディール。
同じ人が演じているとはとても思えない!



| 09:15 | dayly | comments(2) | - |
くるみ割り人形
新国立劇場にて上演されている、新国立バレエ団の『くるみ割り人形』を、娘と一緒に観劇してきました。



クリスマス一色の劇場内。

バレエの舞台は娘も私も初観劇だったんだけど、
客席に入った瞬間からもう、ずーっと、感動しっぱなし!でした。

オーケストラも素晴らしいし。
舞台美術も圧巻だし。
一幕の、クララの家にお客さんが集まって来るシーンは
なんと客人たちが凍った運河をスケートやソリでやってくる、なんていう演出で。
舞踏会シーンもとにかく華やか!豪華絢爛!

そして、とってもわかりやすいストーリー仕立てになってなあ。
「クリスマスの夜、クララの見ている夢」の中を覗いてるっていう視点に終始していて。
要所要所で出て来るネズミの王様がいいアクセントになってました。
娘も最後まで食い入るように観てました。

娘はバレエを始めて1年半。
今年の発表会でくるみの舞台に出させてもらって
すっごく楽しかったそうで。
そのDVDを何度も何度も繰り返し観てるので、
今回、クリスマスプレゼントにと思ってチケット取ってみたのでした。
でも、私の方がハマりそうだ(笑)
バレエの世界って、昔からなんだかとても惹かれるんです。
20年くらい前に、単館上映のオペラ座バレエのドキュメンタリー映画を観た時からかなあ。
片田舎に住む男の子がバレリーナを目指す映画、リトルダンサーも面白かった。
男性だけのバレエ団、トロカデロの舞台も昔観に行ったっけ。
去年くらいに観たアニメの、フェリシーとトウシューズは、ちょっとイマイチだったけど…。

娘も今のところ楽しんでレッスンに通ってるので
楽しく踊れるようになるまで、がんばって続けてくれれば嬉しいなと思ってます。

描いても楽しいバレエの世界。
楽しかった思い出に落書きを何枚か。

金平糖の精の踊り↓



クララ&金平糖を演じられた木村優里さんは、ひたすらひたすら美しく可憐でした。


中国の踊り↓



こんな衣装初めて見た!
鮮やかな黄色の、京劇みたいな衣装と頭飾り!
如意棒みたいなのを持っての踊りは、宙を飛ぶような信じられないような軽やかさで感動。

また来年も行きたいなあ。
| 21:25 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |
77
先日、父の喜寿のお祝いをしてきました。



若い時からたくさん苦労してきた父ですが、この歳まで健康でいてくれたことに感謝です。

お祝い会の場所は、赤坂の四川飯店。
健啖家の父のために、主催の叔父がチョイスしてくれたお店。
私もここのエビチリ、そして麻婆豆腐。。。大・大・大好き。。。!!
私は唐辛子系の辛いものがそんなに得意では無いんだけど、ここの麻婆豆腐では何杯もご飯がイケる。
舌にシビれる山椒がたまらん。
ヒーハーしながら美食を堪能する私の横で、娘はタンメンをぺろりとたいらげておりました。

そして娘は、中央の円卓が回転することを発見すると驚喜し。
ブロックを乗せて、ぐるぐる回して遊んでおりました。
小さい子あるある。。。ね。



この↑ブロック、娘ともども私も大変気に入り、行きに立ち寄った池袋の西武で買ってしまいました。
ディズニーキャラの木のブロックなんだけど、どのキャラクターもすっごく可愛い!
大人でもコレクションしたくなってしまうな〜。

そして去年娘のために編んだ帽子が、ぴったりになっておりました↓。
鮮やかなピンクなので、どこに居ても目立ちます。



最愛の孫娘の成長とともに、父にはいつまでも元気で過ごしてもらいたいと思います♪
| 21:23 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |
入園式
先日、娘の入園式がありましたチューリップ



桜は散ってしまったけれど、卒園生のお母さまたちが植えてくださった
チューリップが満開チューリップチューリップチューリップでした。



今月中はまだ慣らし期間なので、午前中に降園。
毎日、元気に楽しく通っております。

この園には、3才児教室で週イチのプレに通い、
その前に無料の月イチ2才児教室にも行っていたので、
娘にとってすっかり馴染んだ場所になっていて。
お友達も大半がプレで仲良くなっていた子たちだったので、
すんなり年少さん生活に移行できたようです。

まだ娘が赤ちゃんだったころは、
「プレ幼稚園とか、めんどくさそうだし、行かなくていいや」
などと思ってたのですが。
実際、1〜2才ごろになってみると、毎日の遊ぶ場所もだんだんネタ切れになってきて。
「今日はどこで遊ぼうか・・・」
というのが、毎日の悩みに。
そんな時、試しに申し込んでみたプレのクラスに行き始めてみると、
いろんな楽しい遊びを教えてもらえるし、お友達もだんだんできるし、
とても有り難い場所となったのでした。

思えば私自身は、入園して最初の1、2ヶ月は幼稚園が大嫌いで
登園拒否騒動をおこして大変だったものです。
登園しても、帰る時間までずーーーっと泣いてたのを覚えてます。
母もそうとう、気を揉んだだろうなあ。

かたや夫は、幼稚園大好きだったそうで。
日曜日、登園しないのが不安で、一人で幼稚園まで行っちゃったこともあったとか。
大人の足でも30分くらいかかる距離を、4才児が、歩いて。
すっごい田舎の、畑に囲まれた道だったから危なくなかったものの。
お祖父ちゃんが、居ないことに気づいて方々探しまくっていたら、
「園長先生の机でブロックで遊んでますよ」
と幼稚園から電話が来たとか。
まるで、意味なく休日出勤してしまうサラリーマンのよう。

ともあれ、娘には3年間楽しく元気に過ごしてほしいなあと思っております。
| 12:01 | dayly | comments(2) | trackbacks(0) |
入園準備
早いもので。。。

ほんっっとーーーに早いもので。。。

娘は、今月から幼稚園生になります。


というわけで、そんな時期の定番ですね、幼稚園グッズの袋物。
一通り作りましたよ。
娘の行く幼稚園は、あまり細かい製作物が無かったので助かりました。

こちらは手提げ(大)と手提げ(小)。
(小)のほうは着替えを入れるのでマチ付き。



生地は、だいぶ前に雑貨屋さんで見かけて、特に目的も無いけど可愛いから買っておいたもの。
足りなさそうだったので、同系色の無地生地と切り替えにしてみた。

絵本の世界チックで、可愛い。お気に入りの生地。
(しかし娘は「ボンボンリボンちゃんかプリキアがよかった」と。。。)




上履き入れ。
袋のスミにゴミが溜まるであろうことが予想されるので、底は角じゃなくて丸にしてみました。
ヒモは、子供が自分で締めやすいように1本で、という指定。



内側は、私の端切れ入れから発掘したギンガムチェックの綿ローン。
靴入れなので二重にしてみました。



ママ友さんたちに
「ユーコさんは洋裁や編み物できるから、こういうの作るの楽しいでしょ?」
と言われます。

うん、作るのは好きなんだけど。
“課題”として与えられたモノを作るってなると、おっくうなんだよね。
つい先延ばしにして、自分の作りたいもの優先にしちゃって。

でも、家にミシンが無い、そもそもソーイングセット以上の裁縫道具自体が無い、というママ友さんもかなり居て。
縫い物なんて小学生以来したことが無い、どうしよう・・・
カバンって・・・どうやって作るの・・・?
と、途方に暮れ居てるかたも。
そんなママ友さん数人がうちに来て、がんばってミシンに挑戦して、すてきな袋物を完成させて行ったというのが
ここ数ヶ月の出来事。
楽しかったなー。
自分のを作ることよりも、そういう交流のほうが楽しかった。
学生時代、裁縫の成績なんてどん底だった私が、人様の縫い物のお手伝いをするようになるなんて。
人生ってほんと、想定外。


ママたちが一生懸命作ったバッグと一緒に、子供たちも楽しい園生活が送れますよーに♪

| 00:27 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |
七五三photo@メリークリスマス
娘の七五三写真を撮りに行って参りました。

以前、誕生日の写真をお願いしたことのあるこのスタジオ。
とっても自然で素敵な写真を撮ってくれたことに感動して
七五三もここでお願いしようと決めてたのです。

なかなか予約が取れず。
やっと、クリスマスの日にお願いできました〜。


自ら選んだ、総ピンクの着物に大満足の娘。




お着物の後は、カジュアルでオシャレなお洋服をお借りして。




スタッフさんの手腕により、自然に遊ぶ姿を撮っていただくことができました。
とっても可愛い一軒家風のスタジオなので、娘もとても楽しかった様子。

写真のデータも翌々日には送られてきました。
早業っ!
早速プリント&かわいいアルバムに綴じて、双方の実家にプレゼントいたしました。

また何年後かに、こんな記念写真を撮りに行きたいなあ♪
| 23:06 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |
お買いもの
連休の最終日。
気持ちのいい空でした。

車でちょっと走ったところにある、イオンモールにお出かけしてきました。
ひさしぶりに華やかなショッピングモールに足を踏み入れ、気分が上がる〜♪

お店に入ってあれこれ見るのはとっても楽しいんだけど。
私は、時間をかけて品物を見比べすぎると、わけわからーんとなって結局何も買えなくなるタイプ。
なので、パッと目についたものをお買い上げ。

sevendays sunday で見つけたトートバッグ。



ガバッと大きくて、しっかりした素材が気に入りました。
ロゴは、別カラーでmonからsunまであったんだけど、一番好きなfridayをチョイス。
金曜日って、昔から好き。
もちろん、一番楽しいのは土日祝日なんだけど。
金曜日独特の、「今日が終われば!今日を乗り越えれば!」っていう、夜に向かうに連れわくわくしてくる感じがいい。


あとは、これ。
こういうのも、テラリウムっていうのかな?



ジャーに閉じ込められた秋。ってかんじが気に入って。

たくさん歩いて疲れたけど、楽しいショッピングデイでした。
| 00:54 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |
アーティフィシャルフラワー
大の仲良しの子から、とっても嬉しいプレゼントが届きました。



アーティフィシャルフラワーの、ステキなアレンジ。
(今ドキ、“造花”なんていわないんだね。オシャレな呼称があるのね)

これ、その子の作品なのです。
彼女は、こういったアレンジメントを作るプロなんです。



彼女は今、ご自宅でこういうお花のアレンジを教えるサロンをしているんです。
プリザーブドフラワーも扱うし、お花の他にもクレイやポーセラーツの作品まで手がけていて。
もともとネイルやラッピングなどもとても上手でセンスも抜群だったので
「今度、お花をアレンジする資格を取ろうと思ってる」
という話しを聞いたときも、「すっごく向いてる!」と。納得。で。
あっという間に、ディプロマの資格を取っちゃったのもすごいし、
着々とファンや生徒さんたちを増やしている、その行動力が何よりすごい!

昔から、容姿も性格も、それこそ豪華な花束みたいに華やかな子で。
一緒に旅行したり遊びに行ったりするのが、楽しくて楽しくて。
男女問わずあっという間に人気者になっちゃう屈託の無さとか、
ほんとに私の憧れの子でした。

今は住む所もとても遠く離れてしまったけれど、
こういうふうに時々私のことを思い出してくれて、
心のこもったメッセージと一緒にお花を送ってくれる彼女に
昔より一層、感謝の気持ちが募ります。

うちの殺風景なインテリアも、パッと華やいで嬉しいな。



大事にしようと思います。
| 13:14 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |