<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
フェアアイル柄ニット帽
日中はまだまだ日射しが強いけれど、秋らしい風が気持ちいい季節になってきましたね。

ということで、冬用の毛糸を触りたくなる時期の到来です。

去年購入しておいたリッチモアの“パーセント”という糸を使って。
本に掲載されていたフェアアイル柄ニット帽を編みました。
自分のを編んで、かなり糸が余ったので、サイズを変えて娘用にも。



ニット帽の大きなポイントになるポンポン。
けっこう作るの、苦手。
厚紙に何百回もぐるぐるぐるぐる…と毛糸を巻いて。
中心を結んで。輪の部分を切って。まあるく整えて…行くうちに、毛糸の量が半分くらいに。なっちゃう…。

でも!
今回は、クローバーから発売されている“ポンポンメーカー”なるものを購入して、作成してみたら!
なんと手軽にきれいなまんまるポンポンができることか!
娘用のほうは、何色か使ってお花柄のポンポンにしてみました。
これ、楽しいな〜、ポンポンメーカー。



この“パーセント”という糸は、名前の通り100色という色数が揃っている糸で。
どの色もとっても素敵。
そして、ウールなので手触りもとてもふんわり、柔らか。



今回は、三國万里子さんというニット作家さんの本を見て作りました。
三國さんの、まず古典ありきでかつ現代的にオシャレなデザインが大好き。

娘は目ざとく発見し、さっそくかぶってました。



色違いでも編みたいな。今度はグリーン系で♪
| 17:19 | handmade | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://blog.pathologos.oops.jp/trackback/1421636