<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
サンリオピューロランド
いったいどこから仕入れた知識なのか。

少し前より、娘がふとしたときに

「キティちゃんはねえ、ぴーるらんどにいるんだよ」

などと言うようになり。

どうも、“ぴーるらんど”=“ピューロランド”らしい、とは分かったのですが、次第に

「ぴーるらんどはね、キティちゃんがうろうろしてるんだよ」
「マイメロちゃんがね、ひとりでおどってうたうんだよ」
「ききちゃんがみずいろでー、ららちゃんがピンクなんだよ」
(ほんと、誰に聞いたんだ?)

といった具合に、時にはジェスチャー交えて話しが詳細な部分にまで及んでゆき、ついには

「いってみたいなあ、ぴーるらんど」

と、どストレートな要求が出て来たので。

行ってきました。サンリオピューロランド。

意外と楽しかった。
平日でとっても空いてたし、母子2人でのんびり回るにはちょうどいい感じ。

キャラクターが一緒に写真を撮ってくれます。
着ぐるみを凝視して、いっこうにカメラ目線にならない娘。



キキララと、なにやら一所懸命会話してました。




マイメロちゃん主演のミュージカル。
30分の舞台ということで、娘は途中で飽きるかな?と思ってたけど、
ソファ席にどっかり座って最後まで観劇してました。
マイメロちゃんに手を振ったり、歌で手拍子したりと、楽しかった様子。




自由に歩き回れる“レディ・キティちゃんのお部屋”。
ドレス型のシャンデリアが乙女〜。



巨大なティーカップにぶら下がったり。



スイートなベッド。




マイメロちゃんのカーアトラクションに乗ってみたり。



マイメロちゃん、意外とカントリーガールだったのね。






マイメロちゃんのゲームアトラクション。
当然ながら、まったくゲームはできないので、キャラクターの大きい人形の間を歩き回って遊ぶ。




一番大掛かりであろう、ボートに乗ってサンリオの世界をめぐるアトラクション。
がらがらだったので、休憩がわりに4、5回ライド。

シナモンちゃんのコーナーでは、シナモンの香りが漂ってきます。



なつかしのキャラクターがいっぱい!
けろっぴ!量産されててちょっとコワい!



頭上にゴロピカドン!



ハンギョドン!(だっけ!?)
けっこう、シュールなキャラクターが多かったのねえ。。。




最後は、パレード的なものを見て締め。

ここでもマイメロちゃん。



退場して見えなくなるまで、娘はキティちゃんに手を振ってました。



屋内型テーマパークなので、音がうるさかったりしたらイヤだなあと思ってたんだけど
普通に会話できるくらい静かめで空調もちょうどよく、快適でした。
なかなか楽しかった。
娘もずーっといろんな人に“ぴーるらんど”の思い出話を触れ回っております。
いつかはディズニーに行きたいなあ。
| 00:00 | dayly | comments(2) | trackbacks(0) |
IKEA港北店で記憶にある髪型の20歳を過ぎたと思われるスタッフが居ました。
記憶の元はこちらのお嬢様のヘアースタイルのようです。年齢は関係なく似合う人には似合うんですね。
| 絹さや | 2014/11/28 13:46 |
>絹さやさま

20代の女の子がショートボブにしてるの、可愛いですよね。
大人がこういうマッシュルームヘアを維持するのってけっこう大変です。
子供の髪は柔らかくてクセが無いので、自然にこういうヘアスタイルになりますね。うらやましい!
| オカザキユーコ | 2014/11/30 23:43 |









 
この記事のトラックバックURL

http://blog.pathologos.oops.jp/trackback/1421642