<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
セーター、編んでました。
冬の間に、ウェアも何点か編んでいたのでした。


こちらは、自分用のプルオーバー。



紫色って、なかなか実物通りに撮れない。。。
ちょうど、「ムラサキ系のゆったりしたセーターが欲しいなあ。。。」なんて思ってたところ、
ユザワヤのワゴンセールにて目を疑う様な価格で叩き売られていたこちらの毛糸を発見。
細くて軽い糸なので、太めの針でゆるめに編みました。
ここ最近気に入っている、ネックから編み下げていく方法で作製。
この方法だと衿ぐり、身幅、身丈袖丈、すべて自分の好みのサイズに仕上げられるのが嬉しい。



こちらは、主人へのバレンタインのプレゼント。



子供のや自分のアイテムは多数作ってるけど、そういえば夫には編んだこと無かったな、と。
(メンズのウェアって、サイズが大きいからさ。。。
 レディスやキッズと比べると、使う毛糸玉の量が桁違い)
手編みのセーターって、結婚指輪3つ分くらいの拘束力があるイメージよね。



こちらは、自分用のプルオーバー。
よく毛糸を購入しているネットのお店で見つけて、「可愛い〜!」と一目惚れした糸で。



さわやかなミントブルーに、カラフルなネップが散らばってて、
糸の状態を見ているだけでわくわくする。
可愛い上に、信じられないくらいのお手頃価格でした。
しかも編みやすくて手触りも最高。
極太糸なので、これまた13mmの極太編み針でザクザクと編んで、あっという間にできあがり。
衿ぐりは編みっぱなしにしてカジュアルに。




最後。
自分用のプルオーバー。



これは、先々シーズン。。。くらいから、編みかけでほっぽらかしておいたのを、
やぁっっっと仕上げたもの。
現在、“編み途中で放ってあるものを全部仕上げないと、新しい毛糸買っちゃだめキャンペーン”実施中。
(同時に、“今ある布在庫で目的のものをちゃんと縫わない内は、新しい生地買っちゃだめキャンペーン”も行っております)
上質な綿麻のサマーヤーンで、レーシーに編んだ春夏プルオーバー。
裾と袖口の、杢っぽいヤーンがポイントです。


そろそろ、エコアンダリヤで帽子とか編みたい時期だなあ。
| 20:01 | handmade | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://blog.pathologos.oops.jp/trackback/1421680