<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
中折れハット
渋めの中折れハットが欲しくなり、手持ちのエコアンダリヤで作製してみました。



最初に編んだのは、本に掲載されていた真ん中の白いハット。
まずは編み図の通り編んでみたのですが、深さが足りない感じだったのと、ブリムの形がいまいち気に入らず。
深さを数段足して、ブリムは少し目数を変え、自分の好みの形に編み直してみました。
型崩れ防止のため、ブリム端3段ほどにテクノロートを編み込んでみました。

グレーのグログランリボンがポイントです。

両脇の二つは、渋カラーで作製。
オリーブグリーンの方は、友人が「欲しい♪」とおねだりしてくれたので、彼女の元へお嫁(お婿?)に行きました。

すぽっと被れるので、自転車を漕いでも飛んでいきません。これ重要。



中折れハットには、“おじいちゃんカラー”が似合うなあ。と思うのです。
| 11:14 | handmade | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://blog.pathologos.oops.jp/trackback/1421682