<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
レニングラード国立バレエ 白鳥の湖

先月、娘とバレエを観に行ってきました。
レニングラード国立バレエ団の「白鳥の湖」です。

場所は、練馬文化センター。
子どものころから慣れ親しんだ、会場です。
小学校、中学、高校、と、「音楽会といえばここ!」みたいな場所。
ガールスカウトの催し物でもよく訪れました。
当時住んでいた光が丘から、自転車で(笑)
周辺が随分きれいになったけど、今でも訪れるとほっとする場所です。

話しが逸れました。そう、白鳥!
前の年に観に行った「くるみ割り人形」と比べると、上演時間がものすごい長いから
娘、大丈夫かな?と思ってましたが。
全然問題無しでした。
家でDVDで観た時は、4羽の白鳥の踊りだけ観てすぐ飽きちゃった娘でしたが
やっぱり生の舞台は全然違う。
全幕、ずーっと引き込まれるように鑑賞しました。

今度の4月にある娘のバレエ教室の発表会がちょうど「白鳥」というのもあり。
自分が踊る「チャールダッシュ」(もちろん、先生が子ども向けにアレンジしてくれたもの)なんか
特に喜んで観てましたよ。

舞台の見せ場である、白鳥の群舞には終始圧倒されました。
もう、鳥肌ブワーー!って感じです。
ロットバルトは京劇風のメイクでかっこ良かった。

楽しかった舞台の記念に。
オデットとオディールを落書き。
可憐なオデットに、妖艶なオディール。
同じ人が演じているとはとても思えない!



| 09:15 | dayly | comments(2) | - |
こちらではお久しぶりの書き込みをさせていただきます^ - ^
相変わらず美麗ですね〜爪先立ちがなんとも華麗!
そろそろ執筆活動本格復帰、いかがでしょう?(°▽°)
| S&W | 2020/02/14 16:29 |
>S&Wさま

コメント有り難うございます!
すっかりお返事が遅くなり申し訳ありません。
バレエのポーズを描くのはとても楽しいです。
身体の動きにも表情があるんだな〜って思います。
| オカザキユーコ | 2020/04/06 12:10 |