<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ナチュラルボーダーの麻トート
数ヶ月前から利用しているハンドメイドマーケットサイトのcreema。
その前から使っているminneよりもユーザビリティが高いため、段々メインがこちらになってきています。

先日、creemaスマホ用サイトの特集ページに私の作品が掲載され
それなりの反響があって現在ひたすら編み編みしているのですが。

本日、PCサイトの方の特集にも同じ作品が掲載されて。。。



(↑上の画像右下、↓下の画像左上の、ボーダーのバッグです)



。。。現在、けっこう、たいへんなことに、なっております。。。驚き

おそらく、8月まではこのバッグを作り続けることになりそうな。。。

minneでもピックアップで掲載されたことがあるのですが、ここまでの反響は無かったなあ。
ユーザーさんの多さが分かります。
ハンドメイドに関心のある方、今ほんとに多いんですね。

というわけで、サボりがちになる整体通院ですが、ちゃんと毎週行こうと思います。
編み物って、全身が凝るんですよね。
いつもお世話になっている、物腰は優しいけれど施術はけっこう容赦無い整体の先生曰く、
右肩の凝りが左の腰に来て、右の脚に行くそうな。
先日、左手の中指が腱鞘炎の一種、バネ指になったので、ちゃんと予防のためにケアしていかねば。
| 15:52 | handmade | comments(2) | trackbacks(0) |
園グッズとお裁縫箱
コレ。なんだと思いますか???



正解は。
ド派手レインボーなキティちゃんの生地。です。

手芸展の生地コーナーにて、娘がこちらの生地を掴んで離さない状態になっており。
とりあえず、30cmだけ購入。

ちょうどいいので、「作らなきゃ」と思っていたものを、こまごまと作製いたしました。

まずは、“移動ポケット”。



ハンカチとティッシュを入れて・・・



ボトムスに装着。



以前から、小さい子たちがコレをぶら下げているのをよく見かけていたけれど、
確かに必須だね、この移動ポケット。
服についているポケットにハンカチやティッシュを入れておくと、まあ落とすこと落とすこと。
洗い替え用にもう一つ作ろうと思います。


続いては、“お弁当ケース”。
ドアップキティちゃんをメインの場所に持って来てみました。



来週からお弁当が始まるので、ぎりぎりで作製。
お弁当袋は、ランチョンマットみたいにしてお弁当箱の下に敷いて使うとのことなので、マチを作らずフラットにしました。

お弁当箱と、おにぎりと、保冷剤が入るサイズに。



これで、指定された袋ものはすべて作った!。。。はず!!


そしてそして。
昨今、気になっていた自分の裁縫箱。
今までは大きめのメイクボックスを使用していましたが、あまり使い勝手がよくなくて。

いろいろ探して。
探して探して。
一新してみた!
無印良品の、硬化パルプのボックスです。
大きさも高さも、使いやすい!



箱自体も軽いので、ミシンと一緒にすぐ取り出せます。



無印LOVEはーと
| 21:11 | handmade | comments(2) | trackbacks(0) |
minneとcreema
昨年からハンドメイド作品の販売を始めてみて、有り難いことにぼちぼち軌道に乗ってきております。

今までは『minne』というハンドメイドマーケットのみを使っていたのですが、
先月から『creema』というマーケットプレイスにも、登録してみました。



手数料はcreemaの方がまだ少々高いけれど、サイトの使い勝手はとってもイイ!
登録した作品の管理や、売り上げの把握のしやすさはcreemaの方に軍配が上がるかも。
minneもシンプルでいいんだけどね。
しばらくは、双方行ったり来たりして使ってみようと思います。

しかし、ほんとに他の作家さんのレベルが高くて、いろいろ欲しくなってしまいます。
さきほども、可愛いアクセをついポチっと。。。^ ^
届くのを待っているときも、とてもワクワクするんだよね。
私の作品を買ってくださったかたも、こんな気持ちで待っていてくれるのかもしれないと思うと、
丁寧に、気を抜かずに作製しないと、と改めて思います。
| 19:03 | handmade | comments(0) | trackbacks(0) |
入園式
先日、娘の入園式がありましたチューリップ



桜は散ってしまったけれど、卒園生のお母さまたちが植えてくださった
チューリップが満開チューリップチューリップチューリップでした。



今月中はまだ慣らし期間なので、午前中に降園。
毎日、元気に楽しく通っております。

この園には、3才児教室で週イチのプレに通い、
その前に無料の月イチ2才児教室にも行っていたので、
娘にとってすっかり馴染んだ場所になっていて。
お友達も大半がプレで仲良くなっていた子たちだったので、
すんなり年少さん生活に移行できたようです。

まだ娘が赤ちゃんだったころは、
「プレ幼稚園とか、めんどくさそうだし、行かなくていいや」
などと思ってたのですが。
実際、1〜2才ごろになってみると、毎日の遊ぶ場所もだんだんネタ切れになってきて。
「今日はどこで遊ぼうか・・・」
というのが、毎日の悩みに。
そんな時、試しに申し込んでみたプレのクラスに行き始めてみると、
いろんな楽しい遊びを教えてもらえるし、お友達もだんだんできるし、
とても有り難い場所となったのでした。

思えば私自身は、入園して最初の1、2ヶ月は幼稚園が大嫌いで
登園拒否騒動をおこして大変だったものです。
登園しても、帰る時間までずーーーっと泣いてたのを覚えてます。
母もそうとう、気を揉んだだろうなあ。

かたや夫は、幼稚園大好きだったそうで。
日曜日、登園しないのが不安で、一人で幼稚園まで行っちゃったこともあったとか。
大人の足でも30分くらいかかる距離を、4才児が、歩いて。
すっごい田舎の、畑に囲まれた道だったから危なくなかったものの。
お祖父ちゃんが、居ないことに気づいて方々探しまくっていたら、
「園長先生の机でブロックで遊んでますよ」
と幼稚園から電話が来たとか。
まるで、意味なく休日出勤してしまうサラリーマンのよう。

ともあれ、娘には3年間楽しく元気に過ごしてほしいなあと思っております。
| 12:01 | dayly | comments(2) | trackbacks(0) |
入園準備
早いもので。。。

ほんっっとーーーに早いもので。。。

娘は、今月から幼稚園生になります。


というわけで、そんな時期の定番ですね、幼稚園グッズの袋物。
一通り作りましたよ。
娘の行く幼稚園は、あまり細かい製作物が無かったので助かりました。

こちらは手提げ(大)と手提げ(小)。
(小)のほうは着替えを入れるのでマチ付き。



生地は、だいぶ前に雑貨屋さんで見かけて、特に目的も無いけど可愛いから買っておいたもの。
足りなさそうだったので、同系色の無地生地と切り替えにしてみた。

絵本の世界チックで、可愛い。お気に入りの生地。
(しかし娘は「ボンボンリボンちゃんかプリキアがよかった」と。。。)




上履き入れ。
袋のスミにゴミが溜まるであろうことが予想されるので、底は角じゃなくて丸にしてみました。
ヒモは、子供が自分で締めやすいように1本で、という指定。



内側は、私の端切れ入れから発掘したギンガムチェックの綿ローン。
靴入れなので二重にしてみました。



ママ友さんたちに
「ユーコさんは洋裁や編み物できるから、こういうの作るの楽しいでしょ?」
と言われます。

うん、作るのは好きなんだけど。
“課題”として与えられたモノを作るってなると、おっくうなんだよね。
つい先延ばしにして、自分の作りたいもの優先にしちゃって。

でも、家にミシンが無い、そもそもソーイングセット以上の裁縫道具自体が無い、というママ友さんもかなり居て。
縫い物なんて小学生以来したことが無い、どうしよう・・・
カバンって・・・どうやって作るの・・・?
と、途方に暮れ居てるかたも。
そんなママ友さん数人がうちに来て、がんばってミシンに挑戦して、すてきな袋物を完成させて行ったというのが
ここ数ヶ月の出来事。
楽しかったなー。
自分のを作ることよりも、そういう交流のほうが楽しかった。
学生時代、裁縫の成績なんてどん底だった私が、人様の縫い物のお手伝いをするようになるなんて。
人生ってほんと、想定外。


ママたちが一生懸命作ったバッグと一緒に、子供たちも楽しい園生活が送れますよーに♪

| 00:27 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |
パステルカラーのニット
週に一度くらい、“春〜♪”な日が訪れるようになってきましたね。

ハンドメイドもの販売サイト、minneでも、冬もののご注文がぱたりと途絶え、
変わりにパステルカラーものや、あとは意外にも夏の麦わら帽子やかごバッグのご注文が入るようになってきました。
おう、、、まだ夏素材の用意をしていなかったよ。と慌てつつも、
わかる、わかるよ〜その気持ち、少しでも空気が暖かくなると、冬物のこと忘れちゃうよね〜。と。
お客さまの気分に同調。

こちらは、きれいなペパーミントグリーンの糸で編んだ、春色ニット帽。
ママ&キッズ、おそろいにもできるようにしてみた。




色違いで。

。。。この↓色、私にはどう見ても“ラベンダー(ややグレーっぽい)”に見えるんだけど、
販売店さんによっては“グレー”と表記されていることもある色番なんだよね。。。
うーーーむ。
やっぱり、パッと見はムラサキに見えるなあぁぁ。



着用画像。
いっきに春っぽいコーデになります。
トレンチとかに合わせたい。






こちらは、衝動的に作ってみたキッズニット帽。
ふわふわのチュールリボン付きの帽子を作ってみたくて。



ふわふわキラキラした素材に萌え萌えしながら、リボンを作りました。
上の帽子と親子ペアで購入してくださった方がいらっしゃって。
おそろいで着用したらそうとう可愛いだろうな〜と想像して、再び、萌え。

春夏ニットの本もたくさん書店に出揃って来たし、そろそろ自分の春夏ものも編み始めたいところです。

(あ。。。去年から編みかけで放置してるのがあったっけ。。。)
| 13:24 | handmade | comments(0) | trackbacks(0) |
小さいキラキラ
冬中編み物を続けていたので、さすがに飽きて来た。

まだまだ編みたいものはあるんだけど、いったん小休止。です。


先日池袋に行った際、ルミネにオープンした貴和を覗いてきました。
キラキラの店内であれもこれも物色したかったのだけど、
娘の「行こーよー!」コールが始まる前に、ザザッと材料を買い込み。

本日、夫と娘が出かけている隙に、作ってみました。

レシピは全部、貴和さんのフリーレシピです。

こちらは、春っぽいブレスレット。
手首の長さにチェーンをカットして、サテンリボンを通して、カンをつけるだけ。
かんたーん♪



パンジーが可愛ぃ。


ピアスも数点。

こちらは、パーツをただつなぐだけ。あっという間にできちゃう。



ブルーのシャネルストーンと、イエローのアクリルストーンの組み合わせが、萌え。なのよ。


レジンも挑戦してみた。

シリコンモールドのキューブ型を使って。
パールを閉じ込めたキューブピアス。



レジン、スワロのデコで、トップコート的に使ったことはあったけれど、作品にしたのは初めて。
硬化したとき、かなり感動するね!
でも、やはり気泡が入っちゃった。
キレイに作るのは難し〜。

レジンを硬化させるのに、むかぁし買ったジェルネイル用のUVライトが使える♪って思ってたら。
ランプが切れていて。。。ぉぅ。
でも、とっても天気がよかったので、太陽光で硬化させました。
10分くらいで硬化してくれた。

こちらは、丸カンや三角、楕円のカンを組み合わせたピアス。
カンの中にビーズを敷き詰めて、レジンで固めたもの。
カンタンだけど、可愛いよね。



夏に使いたい配色

もう一つ、色を変えて。
上のはマットカラーなビーズだったけど、こちらは少しクリアなタイプのビーズ。



ありゃ。
やはり気泡が。。。ムム。。。

キャッチをパールにしても、可愛いよね。



かなり作ったわ!
楽しかった!

こういうのって、一度作ると、余った材料にまた買い足して次のものを作りたくなるよね。
そしてハマっていく、っていう、ね。
| 16:51 | handmade | comments(2) | trackbacks(0) |
my sweaters
刺すような寒さが続くこのごろ。

先シーズンに編み上げて、出番を待っていたこちらのセーターが大活躍中です。



オートミールカラーのどっしりがっちりアランセーター。
600gぐらいあるかな。
重いけれど、とにかく暖かい。
今まで着て来たセーターの中で、一番の暖かさかもしれない。



ブリティッシュエロイカという、アランセーターにはド定番の毛糸です。
彫刻のように美しい模様が出来るので、編んでいて楽しかった。
三國万里子さんの本を見て作りました。
家の中でも、外出時でも、とにかく愛用しまくってます。



こちらは、ちょっとレトロな雰囲気の一枚。



最近、この赤×ネイビーという組み合わせが、ひじょーに気になる配色。
しかも、この赤の色味が絶妙です。
風工房さんというニット作家さんが色の監修をした、アメリーという毛糸。
さすが色の魔術師、風工房さんです。



こちらはmichiyoさんの本を見て作製しました。
やや細身で丈も短め、というのがクラシカルな印象。
この毛糸はメリノウールとアクリル混紡なんですが、とってもスポンジッシュでふわっふわの肌触り。
日本の紡績技術、すげえ。
ほぼ引き上げ編みの編み地なので、案外サクサクと編めました。

今は、おそらく今シーズン最後になるであろう、アランのロングカーデを編んでいます。
いやー。時間かかるわぁ。
終わったら、超シンプルなメリヤス編みのプルオーバーでも編みたいわー。


ところで。
「セーター」と聞くと、ふと学生時代のとある数学の先生を思い出します。
学生、先生問わず皆からA先生、ではなく「A氏」と呼ばれて親しまれていた先生で。
私の母も在学中習ったという、親子2代で教わった生徒も多いおじいちゃん先生でした。
その授業は非常に独特で。
例えば、生徒に段上で幾何の証明をさせる時、最初の数センテンスでダメ出しが来る。
まだ肝心の証明に言及してない段階で、
「それは違うね」って。
生徒は、何が違うのかわからない。でも教えてくれない。
授業が、証明の文章への導入部分を考えるだけで終わったこともたびたび。
かと思えば、突然ギターの話になったり。

で、「セーター」。

ある授業の始め、A氏が一人の生徒が着ていたセーターに目を止めて、
「あなたのその“スウェター”は、とても素敵ですね」
と、一言。
クラス中が「?」になりつつも、A氏、今度は何を言い出すのかという空気に。
そんな中、ひょうひょうとA氏は続けます。
「皆、スウェターのことを“セーター”と言いますが、それは違う。
 スウェターは"s.w.e.a.t.e.r"と綴ります。アクセントは"we"の部分。最初の"s"の発音は弱く。
 皆さん、発音して下さい。はい、“スウェター”」

私が“セーター”と言う時、心の中で“スウェター”とつぶやくようになったのは、この時からです。

常に「数学は美しい」と言い、音楽、語学、さまざまな分野に精通していた
まさに知識人のA氏。
美しいセーターを見ると、ふとそのお姿を思い出すのです。
肝心の数学それ自体は、ひとっことも覚えてないんだけど。ね。はは。
| 23:29 | handmade | comments(0) | trackbacks(0) |
C90
ふふふ。ふふ。



入手しました。
夏コミの申込書。
ふふふふふ。

すぅーーーっごく、久しぶりで緊張。

来春から、娘も幼稚園に通うようになるので、
多少自分の時間も増えるかな。と。

完売してしまった“ドニの書”の翻訳本第一巻、『The Book of D'ni -volume 1-』の再版を目指しますよ。
表紙も描きなおして。
挿絵も入れたいな。
夢は広がるよ。

当選しますように(-人-)
| 19:49 | 同人誌 | comments(4) | trackbacks(0) |
七五三photo@メリークリスマス
娘の七五三写真を撮りに行って参りました。

以前、誕生日の写真をお願いしたことのあるこのスタジオ。
とっても自然で素敵な写真を撮ってくれたことに感動して
七五三もここでお願いしようと決めてたのです。

なかなか予約が取れず。
やっと、クリスマスの日にお願いできました〜。


自ら選んだ、総ピンクの着物に大満足の娘。




お着物の後は、カジュアルでオシャレなお洋服をお借りして。




スタッフさんの手腕により、自然に遊ぶ姿を撮っていただくことができました。
とっても可愛い一軒家風のスタジオなので、娘もとても楽しかった様子。

写真のデータも翌々日には送られてきました。
早業っ!
早速プリント&かわいいアルバムに綴じて、双方の実家にプレゼントいたしました。

また何年後かに、こんな記念写真を撮りに行きたいなあ♪
| 23:06 | dayly | comments(0) | trackbacks(0) |