<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
冬のはなし
8月末までにお問い合わせいただいたメールetc.には、すべて返信が完了しています。
もし、「届いてないよ〜」という方がいらっしゃいましたら、メールでもブログのコメント欄でも結構ですのでご連絡くださいませm(_ _)m

コミケからかなりの日にちが経過してしまいましたが。

今年の冬コミも、残念ですがサークル参加はいたしません。

新刊無しであれば、もしかしたら参加も可能かもしれない。
けど、コミケで新刊無しってさびしいだろうなあ。。。来て下さる方以上に、私が。
MYSTサークルとして参加し始めてからずっと、一応毎回新刊を携えて行けていたわけだし。。。
とか、考えて。
今から2ヶ月間で新刊一冊仕上げるのは、まずムリだろう、と。

というわけで、来年の夏からの参加を目標としたいと思います!
もちろん、ジャンルは「ゲームその他」で。
MYST小説の翻訳本をずっと出してきていたけど、次はひさびさマンガを描きたいなあ。
アトラス、ヴェオヴィス、ティアナあたりのお話を。
そのためには、ちゃんと絵の練習しとかなきゃね。

最近は、やっぱりこんな落書きしかしていません。
しかもボールペン。しかも雑紙。しかも写メ。


| 16:22 | 同人誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
サンセットバージョン
トップ絵の、夕焼けバージョンを作ってみました。



オシリとフトモモが見えるからこっちのがお得。かな。
(でも私の絵あんまし色気ないしな)

ほんとは、トップ絵だけじゃなくて、サイト全体の模様替えをしたいんだよね。。。
| 18:08 | 同人誌 | comments(2) | trackbacks(0) |
TOP絵を変えました
何年振りかでサイトトップの絵を変えました。



おもいっきし“夏!”な感じにしておけば、きっと季節ごとに自分でいたたまれなくなり、ちゃんと定期的に変えるようになるだろう。。。と、自分に期待。

ああ〜南の島に行きたいなあ〜。
冷た〜いモヒートが飲みたいなあ〜。
| 14:45 | 同人誌 | comments(2) | trackbacks(0) |
パンジーとアネモネ
最近ぜんぜん絵を描いてない。。。

ということで、久しぶりに、サークルのお絵描きBBSで描き逃げしてきました。



パンジーの花って、おじさんの顔に見えませんか。

シルクハットが似合いそうな。
| 18:30 | 同人誌 | comments(2) | trackbacks(0) |
BOT vol3 表紙 お絵描き工程 その4
予想以上にひっぱってしまった。
これで最後です。

ここから仕上げに。
石壁以外のレイヤーを非表示にして、作業をします。


石壁のレイヤーをコピーして、中央部分を境界をぼかして楕円形に選択し、切り取ります。


「明るさ・コントラスト」で、トーンを落として。


元の石壁に重ねます。端の方が暗く沈んだ感じに。


裏表紙に、「窓」の画像をコピーして張りつけ、「明るさ・コントラスト」でグレーっぽくします。


これに「ぼかし(ガウス)」をかけて「乗算」モードに。


タイトルロゴを作製します。
基本的にはvol.1、2と同じ手法。「ベベルとエンボス」「境界線」などで立体的にし、最後にブラシツールを使って同系色の濃い色で汚しをかけます。




最後に、全体的な配置を確認。


出来上がり〜。
表紙1。人物が無い方がかっこよかったんじゃないかという心の声は無視します。


表紙4。

| 13:13 | 同人誌 | comments(2) | trackbacks(0) |
BOT vol3 表紙 お絵描き工程 その3
背景の続きです〜。

次は、「ランプ」を描きます。

まずはイラストレーターでおおまかな形を描いて。
主線は最後に消してしまうので、ざっくり描いておけばオッケー。
 

これをフォトショップで開いてベースの色で塗りつぶします。


その上に、テクスチャーブラシなどを使って岩っぽい感じの凹凸と模様の影を描き込んでいきます。


ちなみに、明かりが出て来る口(一番上の楕円形)は後の作業のためレイヤーを分けてあります。


ある程度描き込んだら、背景の上に配置して大きさの調整を。


ランプの光を描きます。
別々のレイヤーに濃いめのオレンジ色〜白色、三つの楕円形を作製して重ね、「ぼかし(移動)」をかけます。


それぞれのレイヤーの明るさを調節して。


「ランプ」の完成。
ドニは地底の国で太陽が無いので、明かりといえば“下から照るもの”という概念が一般的みたいです。


ここでいったん人物を配置してみます。


人物の形をコピーし、別レイヤーでこれを白く塗りつぶして「境界線の拡大」→「境界をぼかす」で、縁をぼかします。


このレイヤーを人物の後ろに配置し、「明るさ・コントラスト」で人物が浮き立つように調整。


透明度も50%にします。


背景から人物をやや際立たせて完成。


次で最後です。
| 23:48 | 同人誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
BOT vol3 表紙 お絵描き工程 その2
さてさて。前回の記事で人物の作画を載せたので、次は背景の作製です。

イラストレーターでベジェ曲線を使って、「窓枠」を作ります。
線対称なので、片側の形を作って、最後に「前面オブジェクトで切り抜き」をして継ぎ目を無くし、「反転」→「コピー」します。


レイヤーを分けて、更に細かい模様をベジェ曲線でちまちま描いて行きます。
一部の模様以外は、これも片側だけ描いて「反転→コピー」です。


これを、レイヤーを保持したままフォトショップで読み込んで


着色します。
青〜青紫をベースにして、古ぼけた感じの陰影をつけていきます。


次に石壁を作製します。
今回、フリー素材を提供しているサイト「BEIZ Graphics Web」さまから画像を頂きました。無料でいいのかと思うほど、高解像度でクオリティの高い画像がいっぱいです。

(素材「TEXTURE」より)


こちらの石壁を先ほどの「窓枠」の下のレイヤーに向きを変えて3枚配置し、それぞれ窓枠の範囲を拡大した状態で切り抜いて「ベベルとエンボス」で陰影をつけます。


(スクリーンショット撮るのを忘れて作業を進めていたため、過程がかなり飛んでますね。。。)


次にもう一枚BEIZさんからダウンロードした画像を使います。

(素材「TEXTURE」より)


こちらは、窓の後ろのレイヤーに配置して、明るさのレベルを調整します。


いったん、このレイヤー以外を全て非表示にして。
画面横いっぱい位に虹色の配色の「グラデーション塗り」を作製します。


これを、「極座標」フィルタを使って楕円形に。


楕円形にした虹色のレイヤーをコピーし、更に「極座標」を適用して、楕円形虹色のレイヤーと統合し、「乗算」モードにします。


このレイヤーをまたまたコピーして「極座標」→レイヤーを統合。。。という工程を、いい感じの“光のうにょうにょ”が出来上がるまで繰り返します。


虹色の向きを変えて、バランスを見ながら適宜拡大、縮小をかけ、背景の上に配置します。


他のレイヤーを再び表示させて、バランスを整えてできあがり。

| 23:54 | 同人誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
BOT vol3 表紙 お絵描き工程 その1
冬コミ新刊『THE BOOK OF TI'ANA volume 3 』の表紙絵、特に誰の役にも立ちませんが、制作工程を残してみますー。

まずは、紙に描いたアトラスの人物画をフォトショップでスキャンして取り込み。
小説に出て来たアトラスの人物描写としては、
“ヴェオヴィスほどの美形では無いが知的な顔立ち。髪の色はツヤのある黒。ドニ人特有の薄い色の瞳に、面長で青白い肌”。。。
こんだけの情報量なので、かなり勝手に想像して描いてます。


背景を透明にして、まずは肌色から乗せて行きます。


レイヤーは特に分けず、ガシガシ塗ります。
「ドライ」と「ウェット」のブラシを使って、少年誌っぽい塗りにしようとしてます。


別のレイヤーに瞳を描いて。


また別のレイヤーに髪の毛を描き込んでいきます。


「黒髪」を描く時って、茶系にするか、青系にするか、緑色系にするか、とか悩みませんか?
今回は、考えていた背景の色に合わせて「青系の黒髪」にしてみました。


ひたすら塗り塗り。


服にも着色して、完成。
なんか、頭ボッサーになってしまった!?

| 14:50 | 同人誌 | comments(2) | trackbacks(0) |
冬コミ新刊 通販開始します
コミックマーケット81にて頒布しました新刊の通販を開始いたします。

『MYST -THE BOOK OF TI'ANA -volume 3 』


■サイズ A5
■ページ数 92P
■価格 ¥1,000
■オンデマンド印刷
■あらすじ
祖国ドニへの反逆という大罪で『牢獄の時代』に送られたヴェオヴィス。
事態はそこで収束したかに見えましたが、かつてその危険思想のためにギルドから放逐されたアゲイリスに救出されたヴェオヴィスは、再び恐るべき手段でドニへの復讐を始めます。
地下帝国ドニの岩天井を不吉な黒い雲が覆うその時、アトラス、ティアナ、そして幼いゲーンは。。。
日本語版未発表の小説の翻訳本です。
ゲーム『MYST』に登場するアトラスの、祖父たちの時代に起きた史実の結末が、ここにあります。

------

おかげさまで、無事発行することができました。
6章〜終章分の翻訳を収録しています。

通販ご希望の方は、下記までメールにてご連絡下さい。
pathologos<アットマーク>xn.oops.jp
折り返し、ご連絡差し上げます。
もし「メールを出したのに2、3日待っても返事が無いよ〜」という方がいらっしゃれば、このブログのどの記事でもいいのでコメント欄にでもその旨書き込んでいただければと思います。

さて、今回の表紙の絵は 、ティアナ→ヴェオヴィスと来たので、アトラスです。
描いてる時は結構楽しかったんだけど、仕上がってみると地味〜。暗い〜。加えて、遊び紙も黒にしてみたので、まさにドニのお弔いに相応しいというかなんというか。
まあ表紙絵は気にせず、中身を楽しんでいただければ幸いです。

「ドニの書」「ティアナの書」と連続で翻訳本を出し続けていたら、いつの間にか二年半が経っていました!
順番的に次は「アトラスの書」の翻訳ですが、これはむかし出版社からオフィシャルな翻訳本が出ていたため、お持ちの方もいるかもしれない。
ということで、ここらで一息ついて次はまたMYSTかRIVENのマンガでも描こうかな〜なんて思ってます。
| 14:19 | 同人誌 | comments(4) | trackbacks(0) |
冬コミおつかれさまでした!
冬コミ一日目、晴天でよかったですねー!
皆様楽しまれたでしょうか
私はちょくちょくツイッターを覗きながらのエアコミケでしたが、コミケ関連のハッシュタグの流れが早過ぎてびっくり。
企業スペース、ゆるゆり、なのは、、、その辺りが激アツだったみたいですね。
明日以降参加される方、どうぞお気をつけて楽しんで来てくださいね

今回直参できなかった私に代わって、寒い中一日売り子をしてくれた友人に、心から感謝です



頒布物はこんな感じにレイアウトしてもらいました〜。
数年前と比べてカラーと単色の表紙の割合が逆転したなあ。賑やか賑やか!

スペースにお越し下さった方々本当に有り難うございました
友人が「こんな方が来てくれたよ〜」と教えてくれたのを聞いて、とっても嬉しかったです。
外国の方も来て下さったようで、ぜひ誤訳の指摘などあれば教えていただきたい!
そして毎回「MYSTのサークルがあるなんて!」と新たにうちのような零細サークルを発掘して下さる方がいらっしゃることも本当に嬉しいです。
この先もジャンルを変える予定はありませんので、末永くよろしくお願いします
わざわざ差し入れを下さった方、本当に有り難うございました。

近々また通販開始記事もアップしますね。
ではでは残り二日間のコミケ、楽しんで来て下さいね〜
| 16:45 | 同人誌 | comments(0) | trackbacks(0) |