<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
工業簿記
なんとかスクーリングを続けている簿記のベンキョーですが、
2月の本試験に向けて現在は工業簿記を習得中。
しかし、本日の授業は完全に脱落しましたよ!(泣)
脱落どころか、谷間に滑落ですよ!
わ、わかんねーーー!
全然わかんねーーーー!

なんていうの、知らない英単語ばっか出て来る英文を
読んでるって感じ?

工業簿記の論点は8割が原価計算に関することなんですが、
前回までの材料費、労務費、経費の分類と勘定連絡図に関しては
なんとか理解できました。
が。個別原価計算の製造間接費の配賦。
そして更に予定配賦率とその差異。

ハイ、無理!全然わからん!

も〜アタシ頭悪くて困っちゃう〜☆

3級の勉強で「ややこしい」とか言ってたのが懐かしいです。
1ヶ月後くらいにはそんな感じで
「個別原価計算で爆死してたのが懐かしい」
とか言ってられるように、石にかじりついて頑張りたいと思います。
| 23:16 | study | comments(0) | trackbacks(0) |
第一部:日商簿記試験

そういえば、このブログに簿記のことを書いたことなかったですね。
9月からガッコーに通い、地味にガリ勉を始めた簿記3級の試験勉強ですが、
本日ついに試験日。
早起きして、会場となる東大へ。
キャンパス内の紅葉がきれいです。

内容はというと、ラッキーなことに、非常に易しい問題ばかりでした・・・!
すんごいカンチガイミスをしてなければ、
ウェブにアップされてる解答速報など見る限り、
いい感じの点数取れたんではないかと。
とりあえず、簿記興味無い方は↓は読み飛ばして下さいませ。

簿記3級の試験は、100点満点中、70点以上で合格です。
出題数は全部で5題。
1、3、5問目は、仕訳、試算表、
B/S、P/Lの問題で、ボリュームがあり配点が高い。
ここでケアレスミスをしちゃうとボロっと10点20点持ってかれる危険があります。
そう、簿記の得点て、“10かゼロか”な世界ですよね。
スクールの模試でも、92点取った次に67点、とかやっちまったり・・・

逆に2、4問目は捨て問というか、
妙な問題の割には配点が低いので、後回し的な扱いです。

今回は、この2、4問目が平易な問題だったため
精神的にラクだったことと
(ここに変な問題が来ると、一気にや〜な気分になるんですよね)
定番の試算表や清算表も作りやすいカタチだったので
けっこうリラックスして受験できました。

試験勉強期間2ヶ月というのも、丁度よかったと思います。
これ以上長かったら、絶対飽きて投げてた・・・
ていうか、ほんと今までの人生で一番
マジメに勉強しましたよ。
講師の、「過去問集は3回やるくらいのつもりで」
という言葉も守り、別の問題集もやり、
会社の昼休みも簡単な仕訳問題をひたすらやり・・・

・・・はっきり言ってやりすぎです!!

(私はほんとに極端だから・・・
普段全然やらないことをふと思い立ってやりだすと、
たとえば部屋の片付けだとクローゼットひっくり返すまでやらないと
気がすまなくなるレベルでの極端さです・・・)

これで落ちてたらまじ泣きです!!

結果は来月後半です。
それをゆっくり待つ間もなく、
間髪入れずに2級の試験に向けてのベンキョーが始まります。
2月の試験に向けて、がんばるわ〜。
| 23:07 | study | comments(0) | trackbacks(0) |